« 念願の広島焼き | トップページ | 自分の家から5分のところ »

2008年9月27日 (土)

シンポジウム第2段

徳島大学で「第2回新町川・助任川シンポジウム―みんなでつくろう,川のにぎわい―」が開催されました.
(演者で,会場設営で,シンポとりまとめ役でした・・・)
詳細は主催であるNPO法人徳島保全生物学研究会のHPで紹介します.

ともあれ,第1回以上に面白いシンポになりました.
地元で町おこしをしている方(郡さん,水上さん)の話が特に面白かった.
今まさに地域が変わっていく様子がありありと見れて,刺激的だった.
新4年生でも地域に入っていって一緒に研究すれば面白いのにな~.

町おこし,地域再生,地域活性化,どんな言葉でもいいが,要は,
「自立的で自律的な地域環境づくり」

だと思う.
自立的とは,補助金や交付金を頼りにせずに経済的な自立であり,
自律的とは,自分たちの町の方向性を自分たちで決めて実行し,そして間違ったり誤ったりすれば自分たちで修正することができることだと思う.

これからの自分がやっていく研究のスタンスはこれだろう.

Y.T

|

« 念願の広島焼き | トップページ | 自分の家から5分のところ »

研究・仕事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。