« 自然体験活動指導者 CONEリーダー資格 | トップページ | 竹林管理を中心とした里山再生の取り組み »

2009年3月 2日 (月)

こりゃ,すごい

本日,「自然公園法及び自然環境保全法の一部を改正する法律案」が閣議決定されました.

これまでの自然公園法では,豊かな生態系を抱えつつも「生物多様性の保全」については明文化されていませんでした.
それが今回の改正案では第1条の目的で,
「この法律は,優れた自然の風景地を保護するとともに,利用の増進を図ることにより,

国民の保健,休養及び教化に資するとともに,生物の多様性の確保に寄与することを目的とする」
と明文化されました.

さらに,第38条では,
国立公園と国定公園で,「生態系維持回復事業を行うこと」が書かれています.
国立公園は環境大臣が,国定公園では都道府県知事が実施すると.
これ以外に地方公共団体やそれ以外の者(研究者とかかな?)は,環境省令にしたがって申請すればできるとあるので,今後,回復事業の公募がでてくるんだろうと思う.
都道府県と市町村とが協働で事業を実施していくことになるのかな.

いや~こりゃ,すごい.

さてさて,徳島県では国立公園・国定公園は何があるかというと,
「剣山国定公園」と「室戸阿南海岸国定公園」がありました!!
剣山の方は,大歩危・小歩危や祖谷村もはいるとか.草地再生いけるね~.
阿南の方は,橘湾から室戸岬までの沿岸域.ウミガメ産卵地や竹ヶ島も入るみたい.
今後これに乗っかっていくとしたら,景観と生態系を絡めたデータを収集しておく必要がありそうですな.

「自然公園法及び自然環境保全法の一部を改正する法律案」の閣議決定について
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=10844

財団法人 国立公園協会
http://www.npaj.or.jp/parks/index.html
Y.T

|

« 自然体験活動指導者 CONEリーダー資格 | トップページ | 竹林管理を中心とした里山再生の取り組み »

研究・仕事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。