« 第2回えんたのれんこん井戸端会議 | トップページ | 河口先生が赴任されました! »

2009年3月30日 (月)

農業水路の泥上げによる環境再生現地実験 結果速報!!

3月23日に地元の農家さんの協力のもと,水門操作と泥上げ(浚渫)による水環境の再生実験をやった.

河川の水門操作によって,地域内に水を導水し,流れが復活&増大するのかを確かめる現地実験を今日やりました.その結果速報!!

(詳しい結果は全調査が終了してからということで・・・)

Imgp1750 水門操作で,河川水が流入.

まず,泥上げによって開通した水路では,大幅に流速がUP!

開通した水路につながる周辺水路でも,シュミレーションどおりに流速がUP!!

Imgp1799写真じゃ,わからんね・・・

実は,水門操作から4時間程度では,あまり変化がみられなくて,

「失敗だ・・・,失敗のデータをとらなあかんのか,つらいな,はぁ~」と.

そしたら,6~7時間経過後から徐々に水位が上昇し,

水がどんどん流れ出したという感じ.

長年,泥上げ箇所の水路を見続けてきましたが,これほど流れているのは今だかつて見たことがないぐらい!ホントに感動!

あまりのうれしさにマジで「流れた!!」って叫んでしまった(笑

研究でこんなにうれしかったのは久々です!

(今後は,底質や水質,生物への影響を調査する予定です.)

あと,やってよかったなぁ~と思ったこと.

水が流れている様子を何人もの農家さんが見てて,

調査中の自分を見つけては,

「よーけ水が流れとんでぇ~~!」とか,

「これで魚もいけるな~」とか,

「すごい流れてるわ.泥上げ,ありがとうなぁ」

と声をかけてもらえた.

何十年も水路を見ている農家さんが,流れが変わったと感じたことが確かな証拠だと思う.

今回,実験が成功したこともそうだけど,

地域の中では,用水のパイプライン化が完了し,農業水路への関心が薄れていく中で,

もっかい関心をもってもらえたこと,これはすごい成果だと思う.

地域から研究者へ投げかけられた地域環境課題に対して,研究者がひとつの答えを出した.

その答えが,地域の要求を満たしたときに,何か今までとは違う一体感?達成感?,何か生まれた気がする.

これが知識の共有なのかなぁ??なかなかうまく表現できません.

なにはともあれ,最後に,農家さんがくれたキンキンに冷えたお茶は,いつもよりもずっとおいしく感じました.

Y.T

|

« 第2回えんたのれんこん井戸端会議 | トップページ | 河口先生が赴任されました! »

研究・仕事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。