« 『木下先生と行く 船窪オンツツジ群落フロラ調査(秋の植物編) 3』 | トップページ | 沖縄での調査 »

2009年10月27日 (火)

マングローブ林の毎木調査 in 沖縄本島

10月17日〜22日までマングローブの調査で沖縄本島に行っていました。
 
今回の調査では、人による土地改変が異なる河川ではその影響でマングローブ林の森林の状態が異なっているのではないかという仮説のもと、調査を行いました。
 
調査内容はとてもシンプルです。
 
毎木調査    ←ひたすら測る
河床断面の測量 ←同じく測る
 
ここからは調査の様子を・・・
 
Oki6
低いマングローブ林を調査するのは大変。。。
 
 


Oki7
出るのも大変。。。
 
 


Oki
測量もしました。みるみる沈みます・・・
 
 
Oki2


Oki3


Oki4


Oki5
あこがれのハンモック。。。
 
 
今回、滞在させて頂いた宿泊先は琉球大の宮本さんチョイス、"天夢森(ティンガムイ)"です。
すごいきれいなコテージでハンモックあり、BBQセットありと至れり尽くせりでした。
 
オーナーのミッキーさんはガイドもやっているそうで、沖縄の森林の中をミッキーさんのガイドでぜひトレッキングに行きたかった。なんて言う名前の木があるのだろうか??
 
沖縄本島でも、自然をうまく利用しながら生活をしている方々がいるんだと感激。
次回は、トレッキングなどに参加したり、地域の方々からお話を聞いたりして、自然を利用しながら生活しておられる方々が具体的にどのようなことに取り組まれているのかを伺ってみたい。
 
 
ティンガムイについては、
4年生の熱田さんと三幣くんが詳しく教えてくれます!? 乞うご期待!!
 
 
 
Shion T

|

« 『木下先生と行く 船窪オンツツジ群落フロラ調査(秋の植物編) 3』 | トップページ | 沖縄での調査 »

研究・仕事」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マングローブ林の毎木調査 in 沖縄本島:

« 『木下先生と行く 船窪オンツツジ群落フロラ調査(秋の植物編) 3』 | トップページ | 沖縄での調査 »