« グランドワーク・シンポジウムin徳島 | トップページ | ★お疲れ様です★ »

2010年12月24日 (金)

門松づくり

 前回に引き続き、、、

 M1の大西です(・ω・)/

 

 少し前のことになりますが、「みなみから届ける環づくり会議」主催の「世界に一つだけ!! ~門松づくり体験~」のお手伝いに行ってきました。

 対象は小学生とその保護者というわけで...

 たくさんの方が参加されてましたclover

 今回の門松づくりの手順はこんな感じです↓↓

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

  1.  土台になる竹(太め)を切る
  2.  中に入れる竹(細め)を3本切る
  3.  細めの竹を針金で縛る
  4.  オアシス(スポンジみたいなやつ)を太めの竹に敷き詰めて、細い竹を固定する
  5.  オアシスの上から砂をかぶせて、水をかける
  6.  梅、松などで飾り付け
  7.  完成sign03

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 まずは土台づくりから。Dscf0315  切るのはたいてい、お父さん、お母さんの仕事ですが、中には自分で頑張って切る子も↓

Dscf0318  この次は中に入れる竹を3本、切る作業。

 中の竹は、1番太くて長いのが「親」、その次に太くて長いのが「子」、1番細くて短いのが「孫」を表していて、「孫の代まで繁栄するように」みたいな意味があるらしいです。

 中に入れる竹が切れたら、針金とオアシスで竹を固定して、砂を投入。

Dscf0323  そして最後の作業の飾り付け。

Dscf0325  飾り付けには、「松竹梅」ということで、「松」と「梅」は必ず入れなければいけないらしいです。

 そのほかはなんでもOK。ということで、ピンクや黄色など、いろとりどりのお花やLEDを使って飾り付けていました。

 

 一連の作業はだいたい2時間くらい。

 参加されてた小学生&保護者の方も「楽しい!」と言っておりました。

 門松づくりはあんまりできない体験だし、「竹を切る」ということ自体、経験することが少ないし。

 私も久しぶりに切って、筋肉痛になりましたcoldsweats01

 今度は2月にタケノコ掘りを実施するそうです。

 タケノコ掘りも、なかなかできない体験ではないかなあ、と思います。

 こうした活動を通じて、たくさんの子どもたちに、竹林の拡大などの環境問題について、興味を持ってもらえたらなあ、と思いました。

|

« グランドワーク・シンポジウムin徳島 | トップページ | ★お疲れ様です★ »

研究・仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グランドワーク・シンポジウムin徳島 | トップページ | ★お疲れ様です★ »